眠れない時は、とりあえず眼を閉じることです。

6b7f742538f831f37833c63ac6824198_s

なかなか寝付けない、明日は仕事なのにどんどん睡眠時間が短くなっていってしまう、こういった経験はあるかと思います。

かくいう自分も眠れない日が続いたりして、睡眠不足に陥っていたことがありました。

早く寝なければと、布団に入ってじっとしているも眠気が来ないので、スマートフォンをいじって横になっているだけであったりします。

寝る前に心がけることがいくつかあります。

まず、さきほど書いたスマートフォンを触るなどの行為は避けるべきです。
画面のブルーライトが刺激が強いため、目が冴えてしまいます。

他の刺激物としては、テレビやらラジオなども同様です。
寝ながら、イヤホンで音楽を聴くなども避けたほうが懸命です。

他には、コーヒーなどのカフェイン摂取を控えることも重要かと思われます。

寝る直前などに口にしないようにしましょう。本来ならば、水などの普通の水分を避けた方がいいらしいです。胃が活動しますので、身体が目覚めてしまうのです。

寝る時の環境づくりとしては、明かりを消すことは絶対条件です。
そして、すぐに寝付けなくても、目を閉じることを習慣にしましょう。

目を閉じるだけでも、視界が封鎖されるので、疲労回復になるとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA